ミッション

  • Home
  • > ミッション

我々のミッション

ホスピタリティ向上に関するプロジェクト

ホスピタリティ向上に関するプロジェクト

透析医療は業務のシステム化が進んだ医療です。システム化が進むということは、一方で人の暖かさが欠如するといったことも生じてきます。ホスピタリティを高めるために、新しい職種にチャレンジしています。患者さんと医療現場を繋ぐための、コンシェルジュという職業です。単なる医療事務業務、これまでの受付業務とは全く異なる職種です。患者さんのニーズを的確に捉え、分析しそのニーズを価値に変える仕事です。この仕事はどこにもないalba labだけの職種です。

スタッフのモチベーション向上プロジェクト

スタッフのモチベーション向上プロジェクト

医療は人を介して提供するサービス業です。従って、積極的に高いモチベーションを持ったスタッフがサービスを提供することが医療の質を向上させます。透析スタッフのモチベーション向上について教育の側面、評価システムの側面、学習の側面、研究テーマの側面、新規事業の側面など、様々な角度から職員のモチベーションを高めることで、職員が興味を持ち改善を続け、医療の質そのものを向上させる活動を行っています。

栄養状態改善に関するプロジェクト

栄養状態改善に関するプロジェクト

透析の患者さんは、人工腎臓により血液浄化を行います。血液中の老廃物を排出するのに必要な事です。しかし、人工腎臓は、人の腎臓ほど高機能ではなありません。そのために、老廃物とともに、必要な栄養素までもが体外に排出されてしまいます。必要な栄養素を、補うために透析患者さん専用のサプリメントの開発を行っています。

患者さんのニーズを収集するためのプロジェクト

患者さんのニーズを収集するためのプロジェクト

透析患者さんのニーズは何か?患者さんの真のニーズを分析するのは、簡単ではありません。そこで私たちは「七夕」に着目しました。「七夕」は1年に1度短冊に願いを書きます。この願いは心からの願いです。ここに患者さんの思いが凝縮されていると感じています。患者さんの願いを知ること、そしてその願いから私たちにできることを考えることが、我々の原動力になっています。

透析医療への人工知能適応に関するプロジェクト

透析医療への人工知能適応に関するプロジェクト

現在、ソフトバンクが提供している人工知能ロボットのPepper。人工知能に着目し、進化する人工知能を実験的に取り入れ、患者さんとの関係性、情報提供、コミュニケーションのあり方について研究するプロジェクト。進化する人工知能と我々がどのように対峙するか、そしてどの様に患者さんの役に立てるようにするかを研究しています。

透析患者さんの旅行に関するプロジェクト

透析患者さんの旅行に関するプロジェクト

透析医療は、継続的に病院への通院が必要になるため国内を旅行したり、まして海外旅行など夢のまた夢ということになります。一生海外旅行には行けないと諦めている患者さんが殆どです。我々は、海外の透析施設を調査し、透析医療の質が高い施設とのルート作りを開始し、患者さんの夢を叶えたいと考えています。これも、患者さんの Quality of Life の向上のためです。

情報の非対称性改善に関するプロジェクト

情報の非対称性改善に関するプロジェクト

医療の特徴の一つは、情報の非対称性です。医療に関する情報が、外部に流通しないことで、患者さんの利益が阻害されたり、全体としての医療システムが健全に機能しないということが起こります。患者さんが求める情報を、提供するシステムを設計しました。全国の透析医療機関をインターネット上に公開し、誰でも無料で自分に合った医療機関を選択することができるようになりました。

Contact
お問い合わせ

以下のリンクボタンからご連絡ください。

CONTACT
Responsive image
Responsive image
Responsive image

PAGE TOP