あなたはこんな悩みや不安を抱えていませんか?

1. 透析中のつらさ

  • 頭痛がする
  • 透析中に血圧が低下
  • 足がつる、むずむずする 
  • 不快なかゆみが取れない 

2. 日常生活の不快感

  • 週明けは頭がすっきりしない
  • 体がだるい
  • 食事の制限が守れない


3. 長期の合併症が不安

本当につらいこれらの苦痛や不安、

その主な原因の一つが、透析不足だと言われています

決められた通りきちんと透析をしているのに?

透析中の苦痛、健康への不安、食事など厳しい生活の制限。こんな悩みから解放される方法は、とてもシンプル。

その方法とは「透析不足を解消する」こと。

つまり十分な透析量を確保する、

たくさん透析をすることです。

透析量はHDP(Hemodialysis Product)という指標で表されます。

透析不足を解消することとは、HDPを上げることに他なりません。

つまり、あなたのつらさを解消するためには、

このHDPスコアをより高めることが重要です。

HDPスコアを高めるための3ステップ

1.あなたのHDPスコアを知ること

2.HDPスコアを上げるための方法論を知ること

3.HDPスコア向上を実践すること


高いHDPを維持するために、自らコントロールしましょう。

健康結果を改善しましょう。

しかし、HDPをどうやって管理していくのか?

毎回計算して、記録して、マネジメントする。

でも……なんだか面倒です。


ですが安心してください。

日本初の全く新しいツール、

スマートフォン・PCブラウザの両方から、

HDPの管理がいつでもどこでも簡単にできる

アプリケーションが誕生しました。

それがOrangeです。
Orangeを手に、健康結果の向上への第一歩を踏み出しましょう。

透析中の苦痛、健康への不安、食事など厳しい生活の制限。

Orangeで理想の透析量(HDP)を実現し、こんな悩みを解消しませんか?

まずは現在の透析量を知ることから。

スマホアプリOrangeは、いつでもどこでも簡単に、

毎回の透析時間を入力するだけで、自分の透析量(HDP)がわかるので、

あなたのHDPを目標値に近づけ、健康結果を改善するのに役立ちます。

Orangeであなたの透析量を高め、健康結果を改善しましょう。

App Store

Google Play

ダウンロードは無料

※ご登録いただいたメールアドレスに透析患者さん向けのお役立ち情報をお送りする場合があります。

透析患者さんのためのスマホアプリ Orangeの4つの機能便利な機能をいつでも、どこでも、あなたの手のひらで

1 透析量の管理を、簡単に

透析が終わるごとに、どれだけの長さの透析を行ったかを記録するだけで、Orangeが自動的にあなたのHDPを算出します。あなたのHDPの推移や、目標のHDPにどれだけ近づいているかが一目でわかります。

2 透析条件をOrangeアプリに保存でき、災害時にも安心

地震などの災害時には、通院先以外での透析が必要になる場合があります。その時に必要になるのがあなたの「透析条件」。あなたの透析条件を登録しておくことで、他院で透析する場合も、スムーズに治療を受けることができます。

3 臨時透析、新たに最適な透析施設を探すとき、全国の施設情報を検索

全国の透析施設が登録されている「透析検索.com」を活用し、あなたに最適な透析施設を検索することができます。

4 透析患者さんに役立つ情報やお知らせを受け取る

あなたの透析生活をもっと豊かにし、元気に日々を過ごすため、お役に立つ情報をOrangeからお届けします。

Orangeで、あなたの透析ライフをスマートに 

透析中の苦痛、健康への不安、食事など厳しい生活の制限。

Orangeで理想の透析量(HDP)を実現し、こんな悩みを解消しませんか?

まずは現在の透析量を知ることから。

スマホアプリOrangeは、いつでもどこでも簡単に、

毎回の透析時間を入力するだけで、自分の透析量(HDP)がわかります。

Orangeであなたの透析量を高め、健康結果を改善しましょう。

App Store

Google Play

ダウンロードは無料

※ご登録いただいたメールアドレスに透析患者さん向けのお役立ち情報をお送りする場合があります。

実際にHDPマネジメントで十分な透析量を実現した患者さんの声を聴いてみましょう!

HDP=64  セルフケア透析中のAさん

「以前は週明けの体調が悪く、頭もモヤモヤして仕事ができなかった。今は常に集中して仕事に取り組むことができる。側から見ても透析患者だと分からないくらい、顔色もいい。」

HDP=64  セルフケア透析のKさん

「これまでの透析量の低い透析では除水を十分にできず、浮腫んだり、体が重かった。これまでの透析不足で毒素が蓄積していて、動脈硬化をはじめとして合併症が進んでいる。気づいたら手遅れ、などとならないよう、悪化しないように透析量を上げたい。

HDP=75  在宅透析のNさん

「この方法を始めて、今では家族と一緒にご飯が食べられて嬉しい。仕事も捗るし、誰でもできると思うし、みんなもやればいいのに、と思う。」

HDPスコアは、

週の平均透析時間×週の透析回数の2乗

で計算します。

例えば、一般的な透析のHDPは4時間×3回×3回=36です。

健康を維持するために必要な透析量(HDP)72の半分だったのです。

皆さんも十分な透析量を確保して

健康を手に入れましょう。

Orangeで、

スマホを手にHDPをしっかりマネジメントして、健康を手に入れましょう。

透析中の苦痛、健康への不安、食事など厳しい生活の制限。

Orangeで理想の透析量(HDP)を実現し、こんな悩みを解消しませんか?

まずは現在の透析量を知ることから。

スマホアプリOrangeは、いつでもどこでも簡単に、

毎回の透析時間を入力するだけで、自分の透析量(HDP)がわかります。

Orangeであなたの透析量を高め、健康結果を改善しましょう。

App Store

Google Play

ダウンロードは無料

※ご登録いただいたメールアドレスに透析患者さん向けのお役立ち情報をお送りする場合があります。

ダウンロード及び利用は無料

App Store

Google Play

ダウンロードは無料

※ご登録いただいたメールアドレスに透析患者さん向けのお役立ち情報をお送りする場合があります。

alba lab株式会社

〒114-0014 東京都北区田端1-21-8 NSKビル4F

©︎ ALBA LAB ALL RIGHTS RESERVED.

※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。

※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。※画面は開発中のものです。